読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノコトLOG

好きなモノ、好きなコト、小さな試みと探求。

【DIY】安く手に入れた木片でパームレストを自作

Happy Hacking Keyboard Lite 2 for Macとパームレスト

 

私は現在PFU社の「Happy Hacking Keyboard Lite 2 for Mac」を使っています。このキーボードは底面からキートップまでの高さが3〜4cmあるので、長時間使っていると手首がとても疲れます。そこで手首の負担を軽減するためにパームレストの購入を考えていました。

 

しかし、PFU社が発売しているウッドパームレストは4000円と割高。他社製品もいろいろ調べましたが、地味に値段が高い上にデザインがイマイチ。あれこれ悩んでるうちに「もう自分で作ろうかな」ということで自作する道を選びました。

 

 

 

なるべく安く、自分に合うモノ

どうせ自分で作るなら既成品よりも安く、使い心地が良いものを作ろうと目標を立ててみました。既成品のパームレストはだいたい3000円〜4000円くらいの価格帯のものが多く、予算はそれよりも安い2000円に設定しました。

 

まずは素材選びです。パッと思いついたプラスチックと金属と木材の中から選ぶことにしました。実際にホームセンターに足を運んでみて調べてみると、プラスチックと金属は加工が大変なことに気付いてすぐに諦めました。消去法で木材に決定です。切れっ端の木片が200円〜500円くらいで売られていたので予算的にもちょうど良かったです。

 

木片の山からパームレストになりそうな板を寸法を測りながら探すのはすごく大変でした。やっと見つけたのが幅30cm、奥14cm、高さ2cmの板です。キーボードの横幅が約30cmなので幅は丁度いいサイズでした。高さは既成品のものより高いけれど、実際に手を置いてみるとしっくりきたのでこのまま使用することにしました。奥行きは広すぎるので加工が必要です。既成品のパームレストはだいたい奥行きが6cmくらいで掌まで乗るサイズに設計されているものが多いようです。個人的には掌から少し手首にかかった方が楽だったので、奥行きは9cmにすることにしました。

 

 

木片

加工後(幅30cm、奥9cm、高さ2cm) 奥行きを14cmから9cmに加工しました。

 

こちらが加工後の木片です。木材代が350円、加工代が120円でした。計470円です。今回の主役が500円以内におさまっちゃいました。木材のコスパは最強ですね。

 

続いて、木片をこのまま使うわけにはいかないので表面をヤスリで削って、手垢が染み込まないようにニスを塗装しようと思います。当初の計画では色味は気にせずにそのままニスを塗ればいいやと思っていたのですが、ニスコーナーでウッドオイルの存在を知ってしまい急遽色づけすることにしました。透明のニスよりも料金的に高かったけど、塗装後のサンプルに魅了されその気にさせられてしまい後戻りできませんでした(笑)。「木片が安かったので大丈夫」と自分を納得させ購入に踏み切りました。ウッドオイルの使い方に書かれていた耐水ペーパーと紙ヤスリ、それと刷毛も併せて購入しました。

 

購入したもの
  • 木片 350円
  • ウッドオイル 628円
  • 耐水ペーパー  75円
  • 紙ヤスリ 48円
  • 刷毛15号 298円
  • 加工代 120円

 合計 1519円

 

 なんとか予算内に収めることができました。オイル代が高くつきましたが、サンプルで置いていたオイルフィニッシュの質感の素晴らしさを見たら試したくならざるを得ません。サンプルを見て完成品のイメージを具体的に掴めたことは良かったと思います。

 

 

 

 自分好みにヤスリかけ

さて、材料と道具が揃ったのでヤスリかけと塗装を始めたいと思います。まずはヤスリかけです。手を置いたときに角が当たって痛いので、角を落としてなめらかにしたいと思います。

 

 

木片ヤスリ前

加工前

 

 

 

木片ヤスリ後

加工後

 

これだけ角を落とせば十分です。粗いヤスリで大まかに削って最後にきめの細かいヤスリで仕上げます。自分で手を置いてみて感触を確かめながら自分好みに削りました。本格的な道具があれば手首側の角に大きなアールをつけるのもいいかもしれませんね。

 

表面のヤスリがけは粗いヤスリは使わずに細かいヤスリで毛羽立ったところをなくすように全体的にヤスリをかけます。これも自分の手で感触を確かめながらやるといいでしょう。

 

 

 

オイルの乾燥は確実に

続いて塗装に移りたいと思います。今回、私が選んだウッドオイルは和信ペイントのオークです。色は5種類あってオークとチェリーで迷っていたのですが、デスク周りの色の調和を考えてオークに決めました。

 

和信ペイント ウッドオイル オーク  120ml

和信ペイント ウッドオイル オーク 120ml

 

 

塗装の前の準備ですが、ウッドオイルの注意書きをよく読みましょう。オイルが直接手に触れたりしないようにビニール手袋を着用して、汚れてもよい格好で作業しましょう。新聞紙だけだとオイルが下に染みてくるのでダンボールなどの分厚い紙を下に敷いて作業するといいでしょう。

 

 

和信ウッドオイルオーク一度塗り

 塗り一回目 

 

塗装の前に表面をヤスリがけした時の木くずを残さないように乾いた綿布で綺麗に拭き取ります。拭きとったら原液を薄めずに刷毛でたっぷり全体に塗ります。このときにムラにならないように注意しましょう。塗り終わったら15分放置します。

 

 

和信ウッドオイルオーク二度塗り

塗り二回目

 

15分後に再び全体にオイルを塗って、すぐに耐水ペーパー400番で螺旋を描くように研磨します。写真のように塗れている状態で研磨しましょう。研磨が終わったら残ったオイルを綿布でしっかり拭き取りましょう。拭き終わったら6時間〜12時間自然乾燥させましょう。

 

この耐水ペーパーで研磨することがすごく重要で丁寧に研磨すれば仕上がったときに表面がしっとりして手が触れたときにすごく気持ちいいです。

 

 

和信ウッドオイルオーク三度塗り

 塗り三回目

 

12時間後、三回目の塗りです。全体にオイルを塗布して綿布で擦り込むように拭いていきます。ウッドオイルは木に染み込ませるタイプの塗料なので力を込めてグイグイ擦り込みました。一通り拭き終えたらまた12時間乾燥させます。

*注意 ウッドオイルの染みこんだ綿布は自然発火する恐れがあるので、作業後は必ず綿布に水を含ませて可燃ごみとして処分して下さい。

 

 

ウッドオイル12時間乾燥

塗り三回目から12時間後

 

12時間後の仕上がりです。塗れている状態と少し風合いが変わっているように思います。落ち着いたマットな質感に仕上がっています。色は思っていたより少し薄いです。

 

仕上がりの状態を確認後、薄ければ先ほどの二回目〜三回目の作業を繰り返します。そのままでよければ一週間乾燥させます。私の場合は少し薄かったので二回目〜三回目の作業をもう一度やりました。

 

 

パームレスト完成

完成品 

 

再び二回目〜三回目の作業を経て、一週間乾燥させました。深みが出て好みの色になりました。ウッドオイルは乾燥に時間がかかります。我慢できずに使うとオイルが染み出てくることがあるので注意が必要です。オイルが確実に染みこむまで気長に待ちましょう。

 

 

パームレスト高さ

既成品よりも高さがあります。指がフラットになるためタイピングしやすいです。

 

 

 

パームレスト奥行き

奥行きが9cmあるのでゆったり手を添えることができます。

 

 

 

 作ってみて思ったこと

以上がパームレストが完成するまでの流れです。どうでしたか?乾燥の待ち時間を除けば手間もかからないし簡単な作業だと思いませんか。削って塗って乾かす。とてもシンプルな作業です。作業全体を通して楽しみながら作業することができました。少しずつ完成に近づくワクワク感と完成品を触る喜びは自作ならではですね。すこしだけ自作魂に火がついたかなと思います。

 

今回パームレストを作ってみてハンドメイドも悪くないなと思いました。既成品よりも安く作れたし、見栄えもそれなりだと自負しています。作るものによりますが、自作のメリットはコストを大きく抑えられることだと思います。パームレストのような簡単なものであれば工夫次第でもっと安く抑えられるでしょう。材料さえ揃えば気軽に作れるので、興味のある方は是非チャレンジしてみて下さい。